工場フロア向けのワイヤレステクノロジー

WiFi、Bluetooth、セルラー、Zigbee など、これらテクノロジーの違いやメリットは何でしょうか?ホワイトペーパーでぜひご確認ください。

産業アプリケーションにおけるワイヤレス通信

 

タフで要求の厳しいアプリケーションでワイヤレス通信を使用することは新しいことではありません。ワイヤレス通信ではおよそ 40 年以上もの間、専用無線を使用してきました。

しかしながら、産業用ネットワークの近代化やさまざまな Ethernet プロトコルおよび IIoT の出現により、標準化されたワイヤレステクノロジーの需要が高まっています。 

ワイヤレス通信は工場フロアでもますます受け入れられるようになり、WiFi(IEEE 802.11)、Bluetooth テクノロジー(IEEE 802.15.1)、Zigbee はここ数年間で主要なワイヤレステクノロジーになりました。

HMS は、それらワイヤレステクノロジーの多くを産業用通信および IIoT 向けの製品で取り扱っています。

iiot_web

Product Manager である Martin Falkman が Anybus Wireless 製品でどのようなことが可能になるのかをご説明します。

なぜワイヤレス? 

ワイヤレスを使用することには、次のような多くの理由があります。

  • 可動性や動きの自由度を与える
  • ケーブル配線が問題になる長距離間接続やアプリケーションを回避する
  • 高コストでメンテナンス負荷が高いケーブル配線を不要にする
  • インストールや設定が簡単で短期間に行われる
  • 設置状況を修正するときの柔軟性が高い
  • ケーブルを使用したときよりもさらに遠くからの制御を可能にすることで、危険なエリアや閉鎖された場所(たとえばクレーンを登る必要がある場合など)での安全性を高める
  • ネットワークへのデバイスの接続が簡単
  • フレキシブルなヒューマンインターフェースデバイスを提供

Anybus Wireless 製品のラインアップはこちら

wireless-whitepaper-promo

ケーススタディ(動画):ワイヤレス技術でパン製造がより簡単に

オーストリアの機械メーカー Softtec 社が、スウェーデンのパン製造会社でケーブル配線をなくし、オートメーションシステム構築にかかるコストを削減した方法についてご紹介します。

詳細はこちら