ケーススタディ

産業用通信および IIoT のソリューションプロバイダーである HMS が、お客様のビジネス向上にどのような役割を果たしているのかをご確認ください

HMS がビジネス拡大と品質向上をどのようにお手伝いしたのか、お客様の声がそのすべてを物語っています

Anybus ケーススタディ

(株)アイエイアイ:ロボットコントローラーに Anybus CompactCom を採用

標準化されたハードウェア・ソフトウェアインターフェースで開発コストを低減、期間を短縮
Ewon ケーススタディ

変圧器の寿命をより長く

W2W Solutions が開発した Tamini Transformatori 社のシステムの中心部には、予知保全に適切な MQTT テクノロジー対応の Ewon Flexy が存在します。
Anybus ケーススタディ

1080 Motion社:アスリート向けのテストに Anybus Wireless テクノロジーを採用

Anybus Wireless Bridge、1080 Motion 社の神経筋テストマシンのデータをワイヤレスで転送、コンピューターでの即時表示を実現
Ixxat ケーススタディ

Power up with Ixxat

Ixxat CAN technology enables Super B in the Netherlands to get even more power out of their state-of-the art lithium ion batteries
Ewon ケーススタディ

Thiele Technologies 社:グローバルなリモートサポートに Ewon を使用

Thiele Technologies 社は、Ewon 製品を使用してシステムのアップグレード版のダウンロードを行うため、顧客サイトへの訪問が不要です。

Ewon ケーススタディ

  • product_01

    過酷な環境 - 砕石現場で活躍する Ewon Cosy

    株式会社中山鉄工所は 100 年以上にわたって、顧客からの信頼を積み重ねることに努めてきました。佐賀県に本社を置く同社は 1908 年に設立され、クラッシャー、スクリーン、フィーダー、製砂機、ベルトコンベヤー、砕石リサイクルプラントなどを製造しています。同社担当者からは「Ewon Remote Access ソリューションは当社のニーズに完全に一致しています。」というコメントをいただいています。
    Client
    株式会社中山鉄工所
  • Micafluid

    絶縁油でクリーンに

    高度に精製された鉱油や低粘度のシリコン油は、変圧器やコンデンサでの絶縁材として過熱を防ぎます。ただし、その効果が得られるのは油が純粋である場合のみです。そこで活躍するのが MICAFLUID AG 社のプラントです。
    Client
    MICAFLUID
  • Bergan Vann - eWON Case Study

    Bergen Vann 社、500 以上の上下水道設備を効率的に遠隔操作

    上水道や下水道処理施設、ポンプ場など、大小問わず 500 以上の専門的なプラントを運営し、ノルウェーに拠点を置く Bergen Vann 社は、Ewon リモートソリューションを活用して、設備のダウンタイムの短縮やすべての現場の集中管理、現場への出張回数の大幅な削減を実現しています。
    Client
    Bergen Vann
  • Floki Whisky

    Flóki Whisky - 職人技とテクノロジーの完全なブレンド

    ウイスキー蒸留所は、スコットランドやアイルランドなどの有名なウイスキー生産国だけでなく、アイスランドのようなより小規模な生産地域でも見られます。Eimverk 社は、最新のテクノロジーによってアイスランド産の原料と伝統を完全な配合で組み合わせた Flóki と呼ばれる特徴的なシングルモルトを製造する方法を見いだした小さな蒸留所です。このハイテク蒸留所において重要な材料の 1 つとされているのが、Ewon Netbiter というリモートマネジメントのソリューションなのです。

    Client
    Eimverk

Anybus ケーススタディ

klab-joystick-with-anybus-compactcom-b40-profinet

ネットワーク通信が KLAB 社のジョイスティックに新しいチャンスをもたらす

Anybus テクノロジーにより、KLAB 社の新しいジョイスティックが PROFINET を使用する産業用アプリケーションで活用可能に
当社のジョイスティックには、ほかの市場の別の産業用ネットワークでも通信ができる新たなチャンスが開かれています。
Sven Holmer
Kristianstads Lyftdon AB

昨今、鉄骨のつり上げやコンテナーの移動、クレーンの操作に強い動力は必要とされていません。むしろ必要とされているのは、器用さとジョイスティックです。Kristianstads Lyftdon AB(KLAB)社は長年、クレーンや工場での作業を制御する運転室向けの人間工学的ソリューションを製造してきました。

同社は HMS の Anybus テクノロジーを用いて、新しいジョイスティックを PROFINET を使用する産業用アプリケーションで活用することに成功しています。

KLAB 社は、産業用の人間工学的なつり上げ装置や運転席の分野におけるエキスパートです。製鉄業や熱処理プラント、廃棄物処理施設などで使用される大型のクレーンの運転室を開発および製造しています。

人間工学に着目して運転室内で必要とされるあらゆるものを製造していますが、機械制御のためにオペレーターが使用し、操作に最も重要で操縦装置そのものであるのがジョイスティックです。

KLAB 社のオーナーであり会長である Sven Holmer 氏は次のように述べています。「1978 年の創業以来、ジョイスティックを作り続けている当社は、業界が何を必要としているのかを良く理解しています。

最新のジョイスティックを設計しているときに、バス通信の実装を必要とされました。すでにあるバス通信向けのソリューションの多くは配線で接続されていました。この業界では Ethernet 通信への移行がますます多く見られるようになり、主要な顧客のうちの数社が中央ヨーロッパにあることから、ジョイスティックの通信で主に必要とするネットワークが PROFINET だったのです。」”

KLAB-the-new-Joystick

KLAB 社のジョイスティックはどのような運転室にも組み込むことが可能。Anybus CompactCom を実装することで、PROFINET(およびほかのあらゆるネットワーク)との通信が可能になり、将来性のある市場拡大を実現。

どんなネットワークでも

ジョイスティックを PROFINET 上で通信可能にする HMS の Anybus CompactCom の導入は、KLAB 社のテクノロジーパートナーから勧められたものでした。Anybus はその名前が示すように、同社のジョイスティックとフィールドバスまたは産業用 Ethernet 間のあらゆるネットワーク通信を実現します。

Anybus CompactCom は別のネットワークに対応する機種に簡単に交換できるため、EtherNet/IP や EtherCAT、Modbus-TCP、CC-Link IE Field などほかのネットワークでの通信も可能です。これにより、世界のほかの地域の新しい市場に同社のジョイスティックを販売するチャンスが開かれます。

KLAB 社の Sven Holmer 氏は次のように述べています。「当社は PROFINET の対応から始めましたが、もちろん別の市場で他の産業用ネットワークとの通信を可能にすることで新しいチャンスがあることも認識しています。」

どんなフォームファクターでも

Anybus CompactCom は、形状の部分でもフレキシブルです。必要とされるすべてのソフトウェアを搭載したチップ、または PCB マウンティング向けのハードウェアとソフトウェアを備えたいわゆるブリックの選択が可能です。さらに 3 つめの選択肢として、完成品に簡単に差し込むだけの CompactCom モジュールもあります。

同社は、サイズや機能、価格の面でジョイスティックに最適な Brick ソリューション、Anybus CompactCom B40 を選択しました。

klab-anybus-compactcom-b40-in-place

ジョイスティックの底面。Anybus CompactCom for PROFINET が組み込まれているのが見える。

内蔵型 Web サーバーによるデータ活用

Anybus ソリューションのもうひとつの大きなメリットが、ジョイスティックからのデータを保存して、制御と分析の両方に活用できる内蔵型 Web サーバーです。

つまり、KLAB とその顧客はオペレーターがどのようにジョイスティックを使用しているのかを把握できるのです。このことで、製品を改良して別の用途向けにも展開するチャンスが生まれます。さらに、この Web サーバーによりどこからでもソリューションへのアクセスや設定が可能になります。

klab-screen

設定はネットワークからアクセスできる Web ページから簡単に実行可能 

簡単な導入

約 1 年間、企画から完成品の段階まで製品に取り掛かっていた Sven Holmer 氏は、Anybus テクノロジーの実装は比較的簡単だったと述べています。「間違いなくもっと早くに完成できたと思いますが、やるべきことが多くあり、このような開発プロジェクトによく見られるように少し待つ必要がありました。

しかしながら、大きな問題に直面することはなく、HMS の親切なサポートのおかげでこの通信ソリューションをスムーズに導入することができました。」

 

Ixxat ケーススタディ

  • Schaeffler_CANblueII

    Ixxat CANblue II で運転テストをより明確に

    Ixxat CANblue II は、テスト用車両の ECU を Bluetooth でタブレット PC に接続し、車両データを表示することで運転テストをより分かりやすくします。
    Client
    Schaeffler Engineering China
  • ETAS

    Car simulator driven by IXXAT

    ETAS uses IXXAT PC interface boards to enable communication between their LABCAR HiL test system and different Electronic Control Units (ECUs).
    Client
    ETAS GmbH
  • excavating machine simulator

    USB-to-CAN compact : 掘削機シミュレーター内でのデータ交換を実現

    スウェーデンの Halmstad University では、掘削機の最新鋭のシミュレーターを開発するプロジェクトが進行しています。プロトタイプにおいて掘削機内の環境のシミュレーションにバーチャルリアリティ(VR)を使用します。実際の掘削機でオペレーターに見えるものを VR ゴーグルが表示し、オペレーターの動作に従って運転席も動くため、とてもリアルな体験が可能です。

    Client
    Halmstad University in Sweden
  • PC-Interfaces-for-Medical-Applications

    PC CAN Interfaces for medical applications

    IXXAT PC/CAN interfaces enable easy connection of medical devices from different manufacturers with a common control unit. The use of a standardized bus system such as CANopen saves development costs, enables universal and scalable use of components and also considerably reduces the number of cables.

    Client

 

 

Intesis ケーススタディ

Intesis ゲートウェイがどれだけ簡単に接続を完了させるのか、お客様のストーリーを通してご確認ください。

ケーススタディ

success-stories-ilevia

 

 

HMS がお客様のビジネス向上をどのように進めるのか、
その方法をぜひご確認ください

 

産業用通信のエキスパートに問い合わせる