ケーススタディ

産業用通信および IIoT のソリューションプロバイダーである HMS が、お客様のビジネス向上にどのような役割を果たしているのかをご確認ください

HMS がビジネス拡大と品質向上をどのようにお手伝いしたのか、お客様の声がそのすべてを物語っています

Anybus ケーススタディ

(株)アイエイアイ:ロボットコントローラーに Anybus CompactCom を採用

標準化されたハードウェア・ソフトウェアインターフェースで開発コストを低減、期間を短縮
Ewon ケーススタディ

変圧器の寿命をより長く

W2W Solutions が開発した Tamini Transformatori 社のシステムの中心部には、予知保全に適切な MQTT テクノロジー対応の Ewon Flexy が存在します。
Anybus ケーススタディ

1080 Motion社:アスリート向けのテストに Anybus Wireless テクノロジーを採用

Anybus Wireless Bridge、1080 Motion 社の神経筋テストマシンのデータをワイヤレスで転送、コンピューターでの即時表示を実現
Ixxat ケーススタディ

Power up with Ixxat

Ixxat CAN technology enables Super B in the Netherlands to get even more power out of their state-of-the art lithium ion batteries
Ewon ケーススタディ

Thiele Technologies 社:グローバルなリモートサポートに Ewon を使用

Thiele Technologies 社は、Ewon 製品を使用してシステムのアップグレード版のダウンロードを行うため、顧客サイトへの訪問が不要です。

Ewon ケーススタディ

  • product_01

    過酷な環境 - 砕石現場で活躍する Ewon Cosy

    株式会社中山鉄工所は 100 年以上にわたって、顧客からの信頼を積み重ねることに努めてきました。佐賀県に本社を置く同社は 1908 年に設立され、クラッシャー、スクリーン、フィーダー、製砂機、ベルトコンベヤー、砕石リサイクルプラントなどを製造しています。同社担当者からは「Ewon Remote Access ソリューションは当社のニーズに完全に一致しています。」というコメントをいただいています。
    Client
    株式会社中山鉄工所
  • Micafluid

    絶縁油でクリーンに

    高度に精製された鉱油や低粘度のシリコン油は、変圧器やコンデンサでの絶縁材として過熱を防ぎます。ただし、その効果が得られるのは油が純粋である場合のみです。そこで活躍するのが MICAFLUID AG 社のプラントです。
    Client
    MICAFLUID
  • Bergan Vann - eWON Case Study

    Bergen Vann 社、500 以上の上下水道設備を効率的に遠隔操作

    上水道や下水道処理施設、ポンプ場など、大小問わず 500 以上の専門的なプラントを運営し、ノルウェーに拠点を置く Bergen Vann 社は、Ewon リモートソリューションを活用して、設備のダウンタイムの短縮やすべての現場の集中管理、現場への出張回数の大幅な削減を実現しています。
    Client
    Bergen Vann
  • Floki Whisky

    Flóki Whisky - 職人技とテクノロジーの完全なブレンド

    ウイスキー蒸留所は、スコットランドやアイルランドなどの有名なウイスキー生産国だけでなく、アイスランドのようなより小規模な生産地域でも見られます。Eimverk 社は、最新のテクノロジーによってアイスランド産の原料と伝統を完全な配合で組み合わせた Flóki と呼ばれる特徴的なシングルモルトを製造する方法を見いだした小さな蒸留所です。このハイテク蒸留所において重要な材料の 1 つとされているのが、Ewon Netbiter というリモートマネジメントのソリューションなのです。

    Client
    Eimverk

Anybus ケーススタディ

IAI_Rcon_GW_unit

標準化されたハードウェア・ソフトウェアインターフェースで開発コストを抑え期間を短縮

ロボットコントローラーをさまざまなネットワークに接続するために、初期の世代から最新の世代まで Anybus 組み込み製品を使用
「Anybus を選定した一番の理由は、ネットワークが変わってもハードウェア・ソフトウェアインターフェースが変わらないという点です。製品シリーズで統一化されたインターフェースは、開発コストを抑え、開発期間を短縮できます。この点は特にネットワーク変更や新規ネットワーク採用時に短期間での開発に有用です。」
佃 利久氏
株式会社アイエイアイ

株式会社アイエイアイ(IAI 社)は、小型産業用ロボット(電動アクチュエータ)のリーディングカンパニーです。IAI 社の製品は、自動車業界を中心に、電子部品・精密機器、家電、液晶・半導体業界をはじめ、食品・医薬品などさまざまな製造現場で使用されています。品質上の理由から、すべての製品は日本で製造されています。

IAI_Rcon_gateway_unit_only_JP  

IAI 社と HMS の長期にわたるコラボレーション

「HMS 社との最初の接点は、2001 年頃に当時のハードウェア課の課長がハノーバーメッセでトレンド技術の情報収集する中で見つけたようです。」と語るのは、現在、同社 開発部ソフトウェア課マネージャーで 18 年前に初めて Anybus を採用した時、ロボットコントローラー側のファームウェアを設計した佃氏です。

「当時は我々の業界にフィールドバスがどれほど浸透するかは未知数でしたが、今となってはネットワークにつながらないと売れない時代になりました。ネットワークインターフェースを備えていることは当たり前になり、市場の地域性により求められるネットワークも異なります。このような状況では Anybus 製品のような標準化されたモジュールの使用は、当社製品をタイムリーに市場に出すために、大変有用です。」 Anybus-S にはじまり、IAI 社はロボットコントローラーをさまざまなネットワークに接続するために、初期の世代から最新の世代まで Anybus 組み込み製品を使用してきました。

Anybus の選定理由

IAI 社のネットワークモジュールへの要求は 3 つありました。まず複数の産業用ネットワークに対応していること、ネットワークの最新仕様に追従できること、そして開発期間の短縮が図れて製品をタイムリーに市場に出せるソリューションでした。Anybus 組み込み製品はこのすべてを満たしていました。

「Anybus を選定した一番の理由は、ネットワークが変わってもハードウェア・ソフトウェアインターフェースが変わらないという点です。製品シリーズで統一化されたインターフェースは、開発コストを抑え、開発期間を短縮できます。この点は特にネットワーク変更や新規ネットワーク採用時に短期間での開発に有用です。ネットワークのすべてのアップデートや新規プロトコルに付いていくのは簡単なことではないため、まさに『餅は餅屋』で専門家に任せた方がよいということだと思います。」と佃氏は述べています。

充実したローカルサポート

ローカルでの技術サポートの有無は、開発が始まると特に重要な要素となります。なぜなら機器メーカー様は、顧客から短期間での開発を求められる場合も多いからです。「Anybus を使うもうひとつの利点は、日本オフィスから得られるサポートにあります。言うまでもなく、的確で迅速な日本語による技術サポートは大きな助けになると同時に安心感があります。Anybus を初めて実装した時、TCP/IP のコネクション関連で不明点があり、頻繁に日本オフィス経由でスウェーデンの技術者に問い合わせをさせていただきました。日本語で質問でき、的確で迅速な回答を受けられるのは HMS 社の強みであると思います。HMS 社からのサポートは当初から変わらず満足しています。開発納期が迫っていたので、とても感謝しています。今後も、Anybus のさらなる進化に期待します。」

Anybus CompactCom 出荷台数 700 万台目の納入記念セレモニー(IIFES 2019 にて)

iai-hms_light

写真左より: Christian Berghdahl(Product Marketing Manager - Anybus, HMS Networks)、 Bartek S. Candell (General Manager - MU APAC, HMS Networks)、 佃 利久氏(株式会社アイエイアイ 開発部 ソフトウェア第二課 課長)、丸山 和伸氏(同社 開発部 ソフトウェア第一課 主事)

 

Ixxat ケーススタディ

  • Schaeffler_CANblueII

    Ixxat CANblue II で運転テストをより明確に

    Ixxat CANblue II は、テスト用車両の ECU を Bluetooth でタブレット PC に接続し、車両データを表示することで運転テストをより分かりやすくします。
    Client
    Schaeffler Engineering China
  • ETAS

    Car simulator driven by IXXAT

    ETAS uses IXXAT PC interface boards to enable communication between their LABCAR HiL test system and different Electronic Control Units (ECUs).
    Client
    ETAS GmbH
  • excavating machine simulator

    USB-to-CAN compact : 掘削機シミュレーター内でのデータ交換を実現

    スウェーデンの Halmstad University では、掘削機の最新鋭のシミュレーターを開発するプロジェクトが進行しています。プロトタイプにおいて掘削機内の環境のシミュレーションにバーチャルリアリティ(VR)を使用します。実際の掘削機でオペレーターに見えるものを VR ゴーグルが表示し、オペレーターの動作に従って運転席も動くため、とてもリアルな体験が可能です。

    Client
    Halmstad University in Sweden
  • PC-Interfaces-for-Medical-Applications

    PC CAN Interfaces for medical applications

    IXXAT PC/CAN interfaces enable easy connection of medical devices from different manufacturers with a common control unit. The use of a standardized bus system such as CANopen saves development costs, enables universal and scalable use of components and also considerably reduces the number of cables.

    Client

 

 

Intesis ケーススタディ

Intesis ゲートウェイがどれだけ簡単に接続を完了させるのか、お客様のストーリーを通してご確認ください。

ケーススタディ

success-stories-ilevia

 

 

HMS がお客様のビジネス向上をどのように進めるのか、
その方法をぜひご確認ください

 

産業用通信のエキスパートに問い合わせる