ケーススタディ

産業用通信および IIoT のソリューションプロバイダーである HMS が、お客様のビジネス向上にどのような役割を果たしているのかをご確認ください

HMS がビジネス拡大と品質向上をどのようにお手伝いしたのか、お客様の声がそのすべてを物語っています

Anybus ケーススタディ

(株)アイエイアイ:ロボットコントローラーに Anybus CompactCom を採用

標準化されたハードウェア・ソフトウェアインターフェースで開発コストを低減、期間を短縮
Ewon ケーススタディ

変圧器の寿命をより長く

W2W Solutions が開発した Tamini Transformatori 社のシステムの中心部には、予知保全に適切な MQTT テクノロジー対応の Ewon Flexy が存在します。
Anybus ケーススタディ

1080 Motion社:アスリート向けのテストに Anybus Wireless テクノロジーを採用

Anybus Wireless Bridge、1080 Motion 社の神経筋テストマシンのデータをワイヤレスで転送、コンピューターでの即時表示を実現
Ixxat ケーススタディ

Power up with Ixxat

Ixxat CAN technology enables Super B in the Netherlands to get even more power out of their state-of-the art lithium ion batteries
Ewon ケーススタディ

Thiele Technologies 社:グローバルなリモートサポートに Ewon を使用

Thiele Technologies 社は、Ewon 製品を使用してシステムのアップグレード版のダウンロードを行うため、顧客サイトへの訪問が不要です。

Ewon ケーススタディ

Anybus ケーススタディ

sterisafe1

INFUSER 社:Anybus Wireless Bolt が消毒用ロボットの安定したワイヤレス接続を実現

Anybus Wireless Bolt™、消毒用ロボット STERISAFE™-Pro へのワイヤレスアクセスを実現。タブレットを使ったロボットの操作が可能に。
通信の設定は数分程度で完了しました。
Thomas Clapper, Production Responsible
INFUSER

STERISAFE™-Pro は、たとえば病室や手術室、ホテルの客室など、どのような部屋でも驚くほど簡単にハイレベルの表面殺菌(最大 99.9999% の病原菌を除去)を行います。

不要なバクテリアやウィルス、菌類を消滅させるオゾンベースの殺生物剤で部屋を満たし、同時に部屋内の粒子状物質を取り除いて空気を浄化するロボットです。この STERISAFE™-Pro の制御は、HMS によるワイヤレステクノロジーを使用して部屋の外から行います。

安定したワイヤレスアクセスの必要性

オゾンは自然に発生するガスですが高濃度では有害であるため、STERISAFE™-Pro が独自のサイクルで運転している間は部屋を密閉し、オペレーターはその外側にいる必要があります。
 
オペレーターが使用するタブレットは、ロボット内の PLC とワイヤレスで接続しています。オペレーターがロボットの操作に使用するアプリケーションは INFUSER 社が作成しました。このアプリケーションは、PLC 内に内蔵されている Web サーバーと連動しています。
sterisafe2

この仕組みはかなり容易に聞こえますが、表面殺菌を行う密閉されたステンレス製のマシン内にある PLC へのアクセスには、高性能なワイヤレスソリューションが求められていたのです。 

同社の製造責任者である Thomas Clapper 氏は次のように述べています。「もっと安定していて先進的なものが必要だと気付いたのは、STERISAFE™-Pro の開発を始めてすぐのころで、当初は一般的な業務用アクセスポイントを使用していました。  

「当社が必要としていたのは、全方向放射でなおかつ 100% 密封されているアクセスポイントでした。ちょうどそのときに出会ったのが、HMS の Anybus Wireless Bolt だったのです。」  

Anybus Wireless Bolt™ は、キャビネットや装置に直接取り付けられるワイヤレスのアクセスポイントです。WLAN または Bluetooth で最大 100m まで通信することができ、物理的な筐体もワイヤレス通信も産業用途の厳しい条件を考慮して設計されています。 

Anybus Wireless Bolt は STERISAFE にぴったりでした。

Thomas Clapper 氏はさらに次のように述べています。「ロボット内の PLC とタブレット間の通信には WLAN を使用し、Wireless Bolt による安定した通信のおかげで多大なる利益を得ています。同じ領域内で電波干渉なく複数のマシンの運転を可能にするため、ロボットとタブレットのペアごとに個別の接続を設定する必要もありました。これも、Anybus Wireless Bolt のおかげで実現したのです。」
 

Ixxat ケーススタディ

  • Forze-USB-to-CAN

    水素エンジンのレーシングカー

    Ixxat CAN 通信ハードウェアとソフトウェアが Forze チームにレーシングカーシステムとチームエンジニア間の通信を提供し、解析ツールでパフォーマンスデータの解析をしています。
    Client
    Forze Hydrogen Racing
  • Schaeffler_CANblueII

    Ixxat CANblue II で運転テストをより明確に

    Ixxat CANblue II は、テスト用車両の ECU を Bluetooth でタブレット PC に接続し、車両データを表示することで運転テストをより分かりやすくします。
    Client
    Schaeffler Engineering China
  • ETAS

    Car simulator driven by IXXAT

    ETAS uses IXXAT PC interface boards to enable communication between their LABCAR HiL test system and different Electronic Control Units (ECUs).
    Client
    ETAS GmbH
  • excavating machine simulator

    USB-to-CAN compact : 掘削機シミュレーター内でのデータ交換を実現

    スウェーデンの Halmstad University では、掘削機の最新鋭のシミュレーターを開発するプロジェクトが進行しています。プロトタイプにおいて掘削機内の環境のシミュレーションにバーチャルリアリティ(VR)を使用します。実際の掘削機でオペレーターに見えるものを VR ゴーグルが表示し、オペレーターの動作に従って運転席も動くため、とてもリアルな体験が可能です。

    Client
    Halmstad University in Sweden

 

 

Intesis ケーススタディ

Intesis ゲートウェイがどれだけ簡単に接続を完了させるのか、お客様のストーリーを通してご確認ください。

ケーススタディ

HMS-case-studies-industrial-communication-iiot-success-stories-ilevia

 

 

HMS がお客様のビジネス向上をどのように進めるのか、
その方法をぜひご確認ください

 

産業用通信のエキスパートに問い合わせる